~数字でみる中学受験~

2024年、中学受験します。日能研には1年生からフル参戦。ただいま4年本科受講中です(^_^)

育成テスト 自己採点

さて、育成テストの自己採点をしました。

妹さんは開口一番「算数以外は全部埋めた。がんばった」とのことでした。

国語(9割くらい?)

漢字は満点、応用問題の終盤にあった抜き出し問題の頭の三文字は惜しかった。

答えに「、」が入ることに違和感があったようで「、」を避けた結果、空欄に合わなくなってしまいました。

ただ、課題だった時間との戦いはがんばったみたいです。

ストップウォッチを使った家庭学習の効果が出たかな。

算数(5割くらい?)

第1問から間違えていたので、辛い答え合わせとなりました(笑)。

記述でも余計なことを書いて自爆(「2つの直角二等辺三角形の三角定規1組」ってなんだい?)していましたが、帰ってから聞くと、そもそも学校などで三角定規を使った記憶が薄れていたとのこと。

しまった💦

テスト前に三角定規を使わせてあげるべきだったか…。

社会(9割くらい?)

やるね、海流名はばっちりでした。

潮目の説明は僕なら減点しますが、どうなるでしょうか。

理科(9割くらい?)

こちらも知識がしっかり身についているので、安定感が出てきました。

総評

実は、このテスト中に、僕は個人面談を受けてきました。

算数について勉強法を教えていただいたので、さっそく実践してみようと思います。

また、今回も国社理で点数が稼げたため、4教科では400点を超えたようです。

ただ、算数の失敗が浮き彫りにならないのは、今後のために良くないかもしれません…。