~数字でみる中学受験~

2024年、中学受験します。日能研には1年生からフル参戦。ただいま4年本科受講中です(^_^)

4年生 第1回 育成テスト 自己採点

初めての育成テストは3年との違いを感じたほろ苦いスタートとなりました。

国語(8割くらい?)

漢字は読み書きともに全問正解、共通問題でも目立った間違いはなさそうです。

ただ、応用問題では時間が足りず、最後の記述が途中までしか書けず。

帰ってから書いてみると正解と言っていい解答を書いていただけに…残念。

時間との戦いが課題となりそうです。

算数(7割くらい?)

こちらは共通問題でミスがチラホラ💦

応用問題は最終問題の正解を含めかなりの出来(1問間違い)で、いくつかあった記述も良く書けていただけに、もったいない。

解き直したらすぐにできたので、緊張があったのかもしれません。

社会(9割くらい?)

これは良くできました。

不正解は2問というところでしょうか。

地図記号も練習していたのでバッチリ書けましたし、記述も想定していた「記号の成り立ち」が書けました。

解き直しでもすぐに正解を導いていたので、本人いわく「満点取れたのに…」だそうです(笑)。

理科(7割くらい?)

本人は自信を持っていただけに、ちょっと残念な結果となりました。

国語同様、時間が足りず、最後の記述が中途半端になってしまいました。

テスト前日には先生に質問に行ったりして、一番やる気を出していた教科だっただけに…。

こちらも解き直しはスムーズで、首を傾げるシーンはありませんでした。

タフな心を

丸つけが終わるとショックを受けてうなだれる妹さん。

「わたし、◯◯学校には行けないね…」

立ち直るまでに3時間掛かりました(笑)。

受験本番では午前午後の1日2校受験もあるので、精神的なタフさもいまから養わないといけませんね。

でも、初めてのテストでよくがんばりました(^_^)