~数字でみる中学受験~

2024年、中学受験します。日能研には1年生からフル参戦。ただいま4年本科受講中です(^_^)

コントロールするのは僕自身

僕は、子どもたちが準備をしないまま遊んでいたり、勉強に集中していなかったりしたとき、怒ってしまうことが多いです。

自発的に行動できる環境、集中できる環境を整えることが親の仕事だと、理解しているつもりなのに。

姉の中学受験の経験から、勉強を教えるのは親の仕事ではなく、あくまで勉強は子どもがするもの。

親は体調管理や事務仕事をしっかりこなすことが大切だと知りました。

でも…。

目の前でのんびりしている(ように見える)子どもを見ていると、悪いとわかっていても怒ってしまいます。

「ここで、この子をコントロールしてあげなかったら一生後悔する」と思うからこそ言うのですが、子どもは怒ったぶんだけ集中力を失い、言ったぶんだけやる気をなくします。

姉のとき、最後の半年で気をつけたのは、体調管理と「怒らない」ことでした。

コントロールしなければいけないのは、子どもではなく親自身、僕自身だということ。

これから本格的になる姉の大学受験と妹の中学受験に向けて、あらためて肝に銘じておこうと思います。