~数字でみる中学受験~

2024年、中学受験します。日能研には1年生からフル参戦。ただいま5年本科受講中です(^_^)

楽をして結果を得るために

昨日は塾のない火曜日。

妹さんは貴重な自宅勉強デーをしっかりと過ごしたようです。

週末の全国公開模試に向けた復習の課題を順調にこなして、とても満足気でした(笑)。

夜には買ったばかりのポケモンを少しだけ進めることができたみたいですし、週末の結果はともかく、良い循環に入ったのではないかと感じています。

 

一方の姉も、妹さんの上機嫌が気になり、時間の使い方について、僕に議論を持ちかけてきました。

 

日本人は時間の使い方がヘタ。

海外ではもっと短い時間で効率よく働いたり勉強をして、日本人よりも結果を出しているのではないか。

遅くまで起きて勉強をしても、効率は上がらないというのは、睡眠の研究結果からも明らかなのに…。

 

良い思考です(^_^)

いかに楽をして結果を得るためにはどうしたら良いのか。

僕の時代の、暗くて苦しい受験勉強なんて時代遅れなのだから。

結果を求めて、どんどん自分で考えて、実行してほしいと思います。