~数字でみる中学受験~

2024年、中学受験します。日能研には1年生からフル参戦。ただいま4年本科受講中です(^_^)

春期講習前

小学校は今日が最終日で、日能研の春期講習は31日から。

今週は日能研の本科授業もなかったので、勉強から離れてリフレッシュするくらいの余裕があります。

そこで新しく取り組もうと考えているのが「質問ノート」。

実は、春期講習前の説明会で「質問ノートを作ろう」という話が出ました。

授業やテストでわからない問題があれば、まとめて先生に質問をするためのノートです。

大規模教室にはない利点

これまでも、と言っても、特に新4年生になってからですが、妹さんには先生に質問することを意識させていました。

わからなかった問題をそのままにせず、塾での学習をより濃いものにするため。

コミュニケーション能力に難のある妹さんにはハードルが高めだと思っていたのですが、授業やテストの際に早めに塾に着くように心掛けていたので、先生がうまく声掛けをしてくれている効果もあり、意外とスムーズに質問ができるようになったようです。

このきめ細かい配慮は日能研、さらに大規模教室ではない利点かもしれません。

勉強がしたくなる環境を

そういえば、我が家で人気の松丸亮吾さんのお母様が、松丸さんが間違えた問題をスクラップしたノートを作っていたそうです。

結局、勉強をするのは子ども自身。

でも、親は無関心になるのではなく、上手に導いてあげたり、勉強をしたくなる環境を整えることが、仕事なのでしょうね(^_^)